ウェブから簡単見積もりができます

◆まずはヒアリングシートから! プランづくりから始めましょう

1.プランの作成からはじめましょう

見積を取るためにはプランがなくてはなりません。
最初に要望をしっかり伝えなくてはなりません。
そこで、「アパート代で家が建つ!そこが知りたい勉強
アドバイスシート(ヒアリングシート)」をダウンロードして、ご記入ください。

2.ダウンロードして、内容をご記入されましたら、
メールまたはFAXにてお送りください。

aishin@v7.com

3.ヒアリングシートが届きましたら弊社よりご連絡させていただきます。

PDFファイルをダウンロードする

JPGファイルをダウンロードする

1.マウスの右ボタンをクリックして下さい
2.【対象をファイルに保存】または「名前を付けてリンク先を保存」を 左ボタンでクリックしてお手持ちのパソコンに保存して下さい。

ヒアリングシート

住まいづくりにかかるお金を考えましょう。

ここでは、住まいづくりの予算の考え方を紹介したします。

◆建物本体工事費

建物本体にかかる費用を大まかに考える場合、床面積に平方メートルあたりの単価を掛け算します。
床面積は必要な部屋の足し算になりますが、住宅の広告等から大まかに必要だと思われる面積を考えても良いでしょう。

平方メートル当たりの単価は、住宅のつくりや地域により差がありますから、住宅の広告や住宅展示場などに掲載されている金額を参考にします。
標準的な仕様(つくりや仕上)の住宅で、単価が高い地域で20万円/平方メートル、単価が低い地域で14万円/平方メートル位です。

最終的には設計の終盤で、仕上の価格などを変更して調整をすることになりますが、依頼する前の段階では、建てる地域での住宅の大まかな金額を知ることが大切なのです。

 

◆別途工事費・・・土地の状態によってかかるお金には、

・既存建物解体費

 既に建っている建物を解体する場合、現在では建材の種類ごとに分けて廃棄する必要があるため、木造で平方メートルあたり1万円程度必要になります。

・地盤改良費

  地盤が非常に弱い場合には、地盤の強度を高める必要があります。
金額は状況や建てる建物により変わります。

・擁壁工事費

 敷地がガケ地の場合、地盤が崩れることを防ぐ為に擁壁をつくる必要がある場合があります。
金額は高低差や建てる建物の基礎などにより変わります。
 地盤改良や擁壁工事は工事金額を把握しにくいため、新たに土地を購入する場合には手を加えずに住宅を建てられる土地を選ぶか、先に建物を依頼する相手を決めて、相談しながら土地を選ぶ必要があります。
既に土地を所有している場合には、建築家や設計事務所に相談して、一番いい工事方法を考え 採用することも一つの解決法となります。

・外構工事費

 フェンスや門扉から車庫や植栽までありますが、必要最小限のものを新築時に行い、後々作っていくことも一つの方法です。
建築協定がある場所などでは、塀や植栽の作り方などが決まっている場合もあります。

・建築付帯工事費

 照明器具や空調機器、屋外電気工事や屋外給排水工事、各引き込み工事費などは、工事会社によっては別途工事とする場合も多いので、見積を見る場合には注意が必要となります。

・カーテン・ブラインド工事費

 別途工事として工事会社に依頼する場合も多いですが、入居後に自分で取りつける場合には、十数万円程度かかります。

以上の別途工事は合計すると、通常、建築本体工事の2割程度かかります。

◆設計料

 住宅の基本的な計画から実際に立てるための図面作成、現場で設計図通りに進んでいることを監理するための代金です。
ハウスメーカーなどでは、設計料無料を謳っている所もありますが、実際には建築工事費に上乗せされています。
設計事務所や建築家に依頼する場合、建築本体工事の1割程度かかります。つまり、住宅広告や住宅展示場の価格に2割から3割を追加した金額が、実際に建物にかかる金額となります。その他、税金や登記にも費用が掛かります。

◆諸経費

 建築確認申請と完了検査申請  建物を建築する際に、法規に適合した設計の建物であることを確認する為の手数料と、建築が完了して使用する前に法規に適合した建物であることを検査する為の手数料です。
申請の業務(手間)自体は設計料や工事費に含まれるのが一般的ですが、通常、手数料だけは別途請求されます。
提出する検査機関(特定行政庁や民間確認機関)や建物の床面積によって、金額や確認終了までの実期間等に差が出ます。

・工事中のイベント

 近隣への挨拶など工事をスムーズに進めるために、近隣対策費が必要となります。
また地鎮祭費用や上棟式、竣工式などを行う場合には、建て主(施主)が負担する費用がかかります。

・引越し費用

 専門の業者に依頼する場合には必要です。

・登記関係費用

 建物表示登記や土地所有権移転登記、建物所有権保存登記など登記する場合に、登記を依頼した土地家屋調査士や司法書士の報酬として、費用がかかります。

・ローン関係

 利子のほかにも、手数料や保証料、火災保険料や抵当権設定登記などが必要です。
また、利子の違いが最終的な返済額に大きく影響するので、少しでも金利が低いところを選ぶことが大切です。
利子が低い住宅金融公庫や民間の新型住宅ローン(フラット35)などを利用する場合には、床面積の制限や敷地面積の下限などの制限があるので、内容を確認しておく必要があります。

・リフォームの場合

 仮住まいの費用(敷金、礼金も含む)や仮住まいへの引越し費用、既存家屋の滅失登記費用などが加わります。

・税金

 登記の際に必要な登録免許税や不動産取得税、契約時に必要な印紙税などもあります。
また、毎年、固定資産税や、建設地域によっては都市計画税がかかります。

 以上、諸経費には色々あり、全てまとめると建設費の5パーセント程度必要です。そして、固定資産税など、毎年かかってくる税金も考慮する必要があります。

◆家具

 最低限必要なものは、今使っている物を持ってくれば、特に必要ありません。ただ、新築のスペースに合わないものや、傷んでいる家具や電気機器などは買い換える必要があります。 冷蔵庫などは捨てる場合にもお金がかかるので、使えるものと買い換えるものを大まかに決めて、かかる費用を考えておきましょう。

ここまで、住まいづくりに必要だと思われる費用を列記しましたが、 簡単に言うと建物本体工事に3割加算した金額を基準として、上記の項目の中で特に思い当たる部分を追加すると総額が見えてくるのではないでしょうか。
 また、10年超えたあたりから、住宅のメンテナンスが必要になってきます。ローンを組む場合は、この費用も考慮して、余裕を持った返済を考えることが必要となります。

 メンテナンス費用がかからない住宅はないのですから、必要なメンテナンスについて、建築家や設計士に概要を聞いておくことも大切なことです。メンテナンスについて正確な予測は不可能ですが、住宅に使用した材料や機器の大まかな耐久性やメンテナンス費用の傾向を聞いておきましょう。新築のとき、ぎりぎりいっぱいの予算を組んでしまうと、新築後に必要な手を加える事も、後々のメンテナンス費用の捻出も難しくなります。

◆デザイン住宅 建物価格表

一般的な目安となる価格表になります

オール電化対応
坪 数 坪 単 価
35坪 439,000円
36坪 434,000円
37坪 432,000円
38坪 428,000円
39坪 424,000円
40坪 418,000円
41坪 416,000円
42坪 413,000円
43坪 409,000円
44坪 405,000円
45坪 401,000円
オール電化非対応
坪 数 坪 単 価
35坪 399,000円
36坪 396,000円
37坪 392,000円
38坪 387,000円
39坪 383,000円
40坪 378,000円
41坪 376,000円
42坪 373,000円
43坪 369,000円
44坪 365,000円
45坪 361,000円

○45坪以上は45坪の坪単価で計算致します。

○35坪以下は詳細見積となります。

○屋外給排水工事、浄化槽、外部電気工事、TVアンテナ工事、地盤改良工事は別途費用となります。

○登記費用、ローン諸費用、火災保険料、契約印紙代、諸官庁手続き費用等は別途費用となります。

○その他仕様書に記載の無いものは別途費用となります。

top

求人情報
発明・発見ローン0円住宅
スタッフブログ
コミュニティルーム文殊
happyhappy通信
お客様の声
happy essay ハッピーエッセイ
あなたにもできるアパート脱出!
資料請求
リンク集
HEIG自由設計
フォトギャラリー
イシンホーム0円住宅 ムービーギャラリー